エルメスバッグコピー

2015年春夏コレクションでの発表以来、HERMES(エルメス)を代表する偽物ブランドのアイコンバッグコピー「FLY」コレクションの新キャンペーンビジュアルが登場。フォトグラファーのテオ・ウェナーによる新たなキャンペーンビジュアルは、FLYコレクションの魅力を鮮やかに表現。

登場以来、世界中で人気を博しているブランドバッグコピー2014年春夏コレクションでの発表以来、「FLY」コレクションはラグジュアリーでエレガントかつエフォートレスなその佇まいから、エルメスを代表するアイコンバッグの1つとして人気を博している。

フォトグラファーのテオ・ウェナー(THEO WENNER)による新たなキャンペーンビジュアルは、「FLY」コピー商品の魅力を鮮やかに表現している。ストリートでの何気ない日常の瞬間をとらえたビジュアル。イージーなデニムパンツとエルメスのシグネチャーであるシルクブラウスに合わせて70’sスピリットを感じさせる暖かくナチュラルなクラシック タバコ(CLASSIC TOBACCO)カラーの「FLY」を持つと、ジュエリーにインスパイアされたハードな印象のメタルパーツがアクセントとなり、昼夜を問わずすべてのスタイルに洗練された雰囲気をもたらしてくれる。

Givenchy (ジバンシィ)、ネオクラシックな新作バッグ「Cross 3」が登場

Givenchy (ジバンシィ) が新作バッグ「Cross 3」を発表した。Clare Waight Keller (クレア・ワイト・ケラー) によるアイコンバッグ「GV3」のシスターバッグとなる本作は、ブランドのシグネチャーであるゴールドチェーンが特徴的なクロスボディスタイルのバッグ。

新作バッグは、スムースで柔らかなレザーを用いて、クラシカルなシェイプでありながら Clare Waight Keller のモダンなセンスが光る一品。バッグは実用的なアコーディオン構造を採用しており、ジップクロージャーのついた大きなメインコンパートメントとオーバーサイズのジッププル、マグネット付きの実用的なサイドポケットで機能性も抜群。取り外し可能なストラップで、昼夜問わず様々なシーンで活躍してくれるバッグに仕上げられている。カラーラインナップには、黒やチェスナットといったベーシックなカラーに加え、2018秋冬コレクションを反映させたオーベルジーンとグラファイト、フィグピンクとチェリーレッド、ヌードとライトベージュといったカラーコンビネーションも登場。伊勢丹限定のポピーレッドとサンドのカラーコンビネーションにも注目だ。

「Cross 3」は、6月20日より伊勢丹新宿店にて先行発売。27日より表参道店をはじめ全国の店舗にて展開される予定。期間限定で三越伊勢丹のECサイトでも購入可能となっている。

 

 

 

転載サイト:http://fashionpost.jp/fashion/fashion-news-event/137062

 

いま再び、ロゴバッグ熱が再燃!

初めて持ったブランドバッグは、グッチでした。当時バンブーバッグが非常に流行っておりまして、大学生だった私は、GGロゴがあしらわれたバンブーバッグを手にすることで、ついに憧れのブランドバッグデビューを果たしたのです。高校生のころ、田舎で見ていたトレンディードラマに出てくる、キラキラと輝くトーキョーの大学生像にかなり影響を受けまくっていたと思われます。周りの同級生もグッチ、プラダ、ヴィトンなどのバッグを一生懸命アルバイト代をためるなどして、それぞれに手にしていた時代でもありました。けれど当時、かなり背伸びして持っていたこともあって、もったいなくてここぞ、というとき以外なかなか使えなかった。今から思うともっとガンガン使っておけばよかった、とも思います。

あれからうん十年という月日が流れ、ミラノコレクションでグッチのショーをリアルタイムで目撃し、さらにファションウィーク真っ只中の、あの独特な熱気を帯びたミラノのグッチのショップに行ってみて、改めてGGロゴのバッグが、急激に欲しくなってしまいました。あの頃、とびきり輝いていたロゴはいまでもしっかりと胸に刻みこまれていて、条件反射的にロゴ熱が再燃したのかもしれません。

手にしたものはウェブストライプと組み合わせられた、クラシックなバージョン。私はビッグな身長にあわせてバッグもビッグサイズのものを選びがちなのですが、ここはあえての小さいバッグ。けれど必要なもの(スマホ、財布、手帳など)はちゃんと入る機能的なサイズです。

ブランドロゴのわかりやすさに対する好き嫌いって、正直あると思います。だけどロゴものをものすごく素敵に持てたら、それはかっこいい大人になれた証、のような気がしているので日々精進しております。

思えば初めてGGロゴのバッグを手にした大学生の私は、まさか自分がグッチのショーを取材するような仕事をしているなんて露とも思っておらず、人生の展開の不思議さに、思わず遠い目をして物思いにふけってしまいます。

エターナルなロゴって、持つ人のさまざま人生のシーンにときに交わり、ときに離れたりしながら寄り添ってくれるものなのだなあ、と改めて思います。そして若かりし日の憧れとの出会いの記憶は、大人になってもキラキラしたときめきを連れてきてくれる!そう確信したのでした。

転載:https://spur.hpplus.jp/fashion/smallgoodthings/201806/10/ORCHdTM/

Dior (ディオール) が、2017-18秋冬の新作から「ディオール オブリーク」キャンバスのバッグをローンチ

Maria Grazia Chiuri (マリア・グラツィア・キウリ) による Dior (ディオール) から、 2017-2018 秋冬の新作バッグとしてキャンバス地の「DIOR OBLIQUE (ディオール オブリーク)」のシリーズが発売される。今夏より全国のディオール ブティックにて順次取り扱いを予定している。

このキャンバス地は、1967年に Marc Bohan (マルク・ボアン) によって考案された象徴的なキャンバスにインスピレーションを得て誕生した。ジャカードのキャンバス地は「フランダース・タペストリー」用の織機で、オリジナルと同じ職人技が用いられ、さらに最高級のコットンを使用することにより、特徴的なしなやかでリッチなテクスチャーに仕上がっている。バッグのほか、斜めがけできる太いストラップも登場。ボヘミアンな雰囲気を演出するエイジドシルバートーンのメダルが施され、裏面にも「Christian Dior」のロゴが配されている。このストラップはバッグに付属されているタイプのほか、単体での購入も可能。いつものバッグにストラップを付け替えて個性をプラスすることを可能にしてくれる。Rihanna (リアーナ) や Natalie Portman (ナタリー・ポートマン)、Laetitia Casta (レティシア・カスタ) といった多くのセレブリティをすでに虜にしている新たなアイコン的存在の「DIOR OBLIQUE」、ぜひチェックしてみて。

転載サイト:http://fashionpost.jp/fashion/fashion-news-event/110689

ルイヴィトンバッグコピー入荷

ルイヴィトンが2016年の秋冬メンズコレクションの発表を記念し、公式サイトで同コレクションのスペシャルページをオープンした。フランスで撮り下ろしたビジュアルで、それに魅了されます。ルイヴィトンが2016年の秋冬メンズコレクションの発表を記念し、公式サイトで同コレクションのスペシャルページをオープンした。フランスで撮り下ろしたビジュアルで、その魅力を表現している。このアイテムはルイヴィトンスーパーコピーバッグもネットで販売しています。

コンテンポラリーでプレイフルなフルラのメンズコレクションには、Made in Franceによるクラフトマンシップが裏打ちする、ハイクオリティなアイテムが揃う。このルイヴィトン偽物バッグのカラーブロッキングが印象的なMODULAR BAGや、清涼感漲るライトブルーのARGO、素材にゴートファーなどを使ったクラッチバッグGIOVEなど、色と素材でハンサムかつスマートながら遊び心を忘れない、歳を重ねてもフレッシュな男性像を想起させる。

ルイヴィトンが提案するのは、2WAYデザインによるビジネスとカジュアルの間のスムースな転換や、ジェンダーレスなカラーパレットによる男女間の共有など、さまざまな用途やシーンで活躍する“クロススタイル”。スペシャルページでは、そんなクロススタイルの魅力が洗練されたビジュアルで語られているので、ルイヴィトンコピーバッグもぜひチェックしてほしいか

グッチ 偽物オンライン限定「エンブロイダリー付き バッグ」

gucci スーパーコピー™人気オンライン限定バッグを紹介します!グッチオには数々の秘話が残されています。世界中で愛されている高級ブランド「グッチ」。当時、グッチは、職人達にとっては手が出しにくい高級ブランドでしたが、グッチ偽物™は「材料費さえ払えば妻や娘、恋人に鞄を作ってもよい」と言っていたそうです。グッチオは職人達を信頼し、とても大切にしていた事が伺えます。

また当時第二次世界大戦中は物資不足が発生し、革も使えなくなってしまいました。その際に代用品として、持ち手を竹に変えた物がグッチの定番でもある「バンブーバッグ」です。今でもこのバンブーバッグは世界中のセレブに愛されている商品の一つで、2016年には「ニューバンブー」が発表されました。

その後もバンブーシリーズはどんどん生まれ、スカーフ、ウォッチ、ジュエリーなど幅広いデザインが展開されています。 普段何気なく手にしているグッチですが、誕生秘話や創立者の人物像がわかると、より一層愛着が持てそうですね!グッチバッグコピーの限定「エンブロイダリー付き バッグ」の商品は、特別にデザインされたオンライン限定コレクション。オリジナルGG キャンバスを使用したミディアムサイズのヴィンテージ ウェブ トップハンドルを、シグネチャーウェブとビー(ハチ) エンブロイダリー ディテールで印象的に仕上げました。

アレッサンドロ・ミケーレが用いるテーマのひとつであるビー(ハチ)が、豊かさ、愛情、コミュニティを表現します。ショルダーストラップは取り外し、調節可能です。内側にジップポケット、スマートフォン用ポケットも付いております。大切な恋人、家族に心を込めてプレゼントしてみてはどうでしょうか?

バーバリーから新バッグ「DK88」トレンチコートに着想を得たデザイン

バーバリー(BURBERRY)から、メンズ・ウィメンズに向けた新バッグ「DK88コレクション」が登場。

「DK88コレクション」は、ブランドのアイコンであるヘリテージ・トレンチコートに着想を得たデザイン。素材は、トレンチコートに使用されているコットンギャバジン生地の織り模様をグレインレザーにエンボスした、オリジナルの“トレンチレザー”を採用した。コート同様、耐久性に優れており、魅力が増す経年変化も楽しめる。

 
左から)トップハンドルバッグ 280,800円、バレルバッグ 226,800円

またシリーズ名の「DK88」とは、トレンチコートに使われているギャバジンの撥水性の高さをDUCK(あひる)の羽に例えた「DK」と、コートの定番カラーであるハニー色を意味するコード「88」を掛け合わせたもの。シリーズ名にもトレンチコートのエッセンスを感じられる。

 
左から)ラゲッジバッグ 378,000円、ドクターズバッグ 324,000円

サイズは、様々なシーンに合わせて選べる豊富なラインナップ。ミドルサイズのハンドバッグから、ボウリングバッグ、円筒形のバレルバッグまで、メンズからはビジネスシーンに使えるドキュメントケース、ドクターズバッグのほか、旅行用のラゲージバッグも登場する。色のバリエーションもブラックやネイビーなどのベーシックカラーのほか、ソフトなピンクやイエロー、グリーン、レッド、パープルなど様々だ。

なお、2017年5月31日(水)から6月6日(火)までの期間、阪急うめだ本店にて限定ストアをオープン。ここでは、新色だけでなく、数量限定カラーも取り揃える。さらに、ハンドルやフラップを含めた5か所のパーツを、18色のバリエーションから選んで組み合わせることが出来るビスポークサービスも実施する。

転載サイト:https://www.fashion-press.net/news/30692