2018夏季人気販売高品質エルメス財布コピー

フランスのメンズニットブランド「MONSIEUR LACENAIRE(ムッシュー・ラスネール)」の最新作のコピー品が到着。今財布は“架空の狩り”をイメージして「For the never ending weekend」と名づけられたコレクションで、ムッシュー・ラスネールが架空の狩りに週末出かけたら――というストーリーから生まれた。

“エレガントで遊びの効いたメンズファッション”を追求

 

ムッシュー・ラスネールは、デザイナーのガランス・ブローカがレザーの可能性を追求し、2018春夏のコレクションから立ち上げられたレザー財布に特化した偽物メンズファッションブランド。

彼女は法学部で法律の勉強をしたのち、ロンドンのセントラル・セント・マーチンズ・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザインで学び、在学中にスタージュ(研修制度)をしたバルマンに卒業とともに入社。その後、バルマン、エルメスと約7年間ニットを担当した後に、彼女はあたらしく“エレガントで遊びの効いたメンズファッション”を立ち上げようと独立を決意した。

毎シーズン、ウィットに富んだコンセプトとイメージビジュアルは、フランス人の彼女と、パートナーのブノワによって作られ、パリでの展示会でも期待して訪れるバイヤーは年々増えている。

ブランド名は、1950年に公開されたフランス映画「天井桟敷の人々」に登場する悪人「ラスネール」に由来したもの。ラスネールの犯罪的なダンディズムは、デザイナーのガランスにコレクションのインスピレーションとして役立っていて、この“めかしこんだ犯罪者”のエレガンスは、職人技とマテリアルの洗練されたチョイスに見ることができる。また、彼女の名前は映画のなかに登場するヒロインの名前「Garance」からとったものというのも運命的なエピソードだ。

レザー専門での経験から複雑なテクニックがふんだんに盛り込まれつつ、洗練されたデザインが彼女の得意とするブランドコピーレザー財布の特徴で、生産は、フランス西部のクレモンフェランにある工場で現場の職人と話し合いながら進められ、なかにはエルメスのコピー製品を一緒に扱う工場もふくまれている。

メンズのシックさに“遊び”をさり気なく取り入れ、ラシックのなかに新鮮さを感じるムッシュー・ラスネールのコレクションに今シーズンも注目したい。

名古屋ブティック限定のエルメスのスーパーコピー

メイド・イン・イタリーのクラフツマンシップを守り、シンプルでクラス感溢れるデザインで人びとを魅了しつづけているコピーブランドエルメス。春夏シーズンにぴったりなラフィア素材のボストンバッグが2種類、名古屋ブティック限定アイテムとして登場する。

 

近年、再び脚光を浴びるボストン型バッグ
2012年秋冬コレクションから登場したエルメスの新ライン「H.S」バッグ。あらたに、春夏コレクションから新型、新素材のコピーバッグがエルメス 名古屋ブティック限定で登場する。
 
「H.S」は近年、再び脚光を浴びているボストン型の偽バッグ。ハンドルと、エレガントに肩にも掛けることができるショルダーストラップも備えられており、使い勝手もばっちりだ。
 
今回登場する名古屋ブティック限定アイテムは、春夏らしいオフホワイトのラフィア素材とクリーム色のレザーの組み合わせで、季節感もたっぷり。涼しげな気持ちになれそうなアイテムは、春夏シーズンにひとつは持っていたいもの。ふたつの型が展開され、発売は6月20日(月)予定。
 
爽やかな女性らしさを演出できる上質なマルチバッグ。ぜひ名古屋ブティックに足を運び、チェックしてみて。