アレキサンダー・マックイーン新作バッグ、“昆虫×クリスタル”のアンティーク調クラッチ&サッチェル

アレキサンダー・マックイーン(Alexander McQueen)の2019年秋冬プレフォールコレクションより、新作バッグが登場。

昆虫モチーフの「ボックスクラッチ」

ボックスクラッチ(バタフライ) 325,000円+税
ボックスクラッチ(バタフライ) 325,000円+税

新作クラッチバッグ最大の特徴は、自然界からインスパイアされた“昆虫モチーフ”のクリスタルの留め金。アンティーク調のビートル、バタフライ、スパイダーが、エメラルドカットされたクリスタルの上に飾られている。

ボックスクラッチ(ビートル) 325,000円+税
ボックスクラッチ(ビートル) 325,000円+税

滑らかな曲線を描くバッグ本体には、サテンやベルベット、グリッターを使用。カラーは、ブラック、ピンク、ブルーが展開される。取り外し可能なメタルチェーンが付いているので、ポシェットとして持つことも可能だ。

「スパイダー ジュエルド サッチェル」

スパイダー ジュエルド サッチェル(ベルベットレッド) 290,000+税
スパイダー ジュエルド サッチェル(ベルベットレッド) 290,000+税

ブランドのラッキーチャーム“スパイダー”をリングハンドルに配したバッグ「スパイダー ジュエルド サッチェル」。ブラックオニキスをベースにしたリングハンドルには、その他にもカラフルなスワロフスキークリスタルをはめ込んだ。

スパイダー ジュエルド サッチェル(ホワイト) 290,000+税
スパイダー ジュエルド サッチェル(ホワイト) 290,000+税

このリングハンドルを使用してクラッチバッグとしても、また、レザーとチェーンのストラップを活用してショルダーバッグ、クロスボディバッグなど、スタイルに合わせて持ち方を自由に選ぶことができる。

アイテムは、艶感のあるクロコ風カーフレザーを用いたベルベットレッド、ブラック、ホワイトの3色をラインナップする。

from https://www.fashion-press.net/news/51479